行政保健師の魅力について

行政保健師の魅力は幅広く地域住民の生活に関われるところではないでしょうか。仕事内容は産業保健師のように限定されず、高齢者や身体障害者を対象とする福祉サービス、母子保健サービス、児童の家庭や虐待の問題、国民健康保険に関わる仕事もあります。必ずしも自分の望む分野で活躍出来るとは限りませんが、どれも地域住民の健康に携わる遣り甲斐の大きな仕事です。

産業保健師の場合、仕事内容は限定的なのでより自分に合う仕事を選ぶ事が出来ます。しかし限定的だからこそ得られる遣り甲斐はあまり大きくない、という面があるのではないでしょうか。狭い範囲での活躍は保健師としての目線も狭くなってしまいます。その点行政保健師はそれぞれの分野でも全体を見て活躍する必要がありますから広い視野を養う事が出来るのです。

最近は産業保健師が脚光を浴び人気の職業になっていますが、保健師として十分に活躍したいのであれば私は行政保健師をお薦めします。公務員試験も受けねばならないのでハードルは高いですが得られるものは大きいと思います。

このページの先頭へ